現在開業4年目となりました。
 おかげさまで、顧客数も個人・法人をあわせ90件ほどとなりました。これからも個人事業者のみなさま、小規模法人のみなさまとともに、一歩一歩あゆんで参りたいと思います。

 昨年5月に、自宅と同じ町内にあるアパートに事務所を移しました。富山県自動車学校のならびです。自動車学校から立山連峰に向かって5軒目の建物で、外観は水色をしています。
 看板を取り付けてないので、少し分かりづらいかと思いますが、とりあえず窓に税理士会のポスターを貼って目印にしています。

 私はもともと所得税が好きで、不動産投資やFX、ネット販売の経験もありますので、そういった業種の方とは相性がいいと思います。その他には今のところ、建設業・飲食業・美容エステティックという業種の方が多いです。顧問料につきましては別ページをご参考願います。
 また、相続税の申告は毎年4件程度です。そのつど、田や山林、有価証券の評価など、勉強になることも多いと感じています。とにかく、やりがいのある仕事に恵まれ、忙しいながらも感謝の毎日です。

 個人的には、飲むのは好きなので、お誘いがあればまず断らない性格です。同級生や地元町内や自治会、顧問先、知り合いの知り合いなど、いろんな方との語らいを大切にしています。
 そこで思うのは、富山駅前の賑わいですね。学生時代の駅前といえば、夜は真っ暗という印象でした。マリエはなくて、閉鎖された国鉄職員宿舎があった頃の話ですが。逆に、西町・総曲輪と桜木町は寂しくなりました。中央通りが特に寂しいです、何とかならないでしょうか。マンションが増えて、少しずつ街中人口が増えているのは喜ばしいことだと思います。ちなみに、旧西武跡地に建設中のマンションを投資用にと思い、モデルルームに伺いましたが、年収が足りず断られてしまいました(残念)。あのマンション、だいぶんできてきましたね。


 <略 歴>

 1963年(昭和38年)富山市神通町生まれ。
 新庄小学校・新庄中学校・富山東高校を経て富山大学経済学部入学。3年生より毎年ピースボートに参加して、クルーズにて海外旅行を経験。よって単位不足で中退。その後学習塾講師を勤める。バブル経済全盛の頃に考えるところあり、再度大学受験。1994年に金沢大学法学部に入学。卒業前から、富山大原簿記学校(当時)にて講師。その後税理士事務所などに勤務。並行して税理士試験に挑戦。おわりの頃は、フリーターでした。
 2014年官報合格。(合格科目は簿記論・財務諸表論・所得税・固定資産税・酒税)
 2015年2月に税理士登録。                                (2018年8月現在)




トップページへ 


ごあいさつ